watson – inline issue manager


[watson – inline issue manager](http://goosecode.com/watson/) いれてみた。

## インストール

“`
$ gem install watson-ruby
“`

ruby2.0.0〜じゃないとダメと怒られるので別途ruby2.0.0系入れる..

## 使う

### 1. リポジトリとつなげる

対象リポジトリをカレントディレクトリにして、

“`
$ watson -r github
“`

でgithubリポジトリの設定。*bitbucketでもできる

### 2. watson対象ファイルの設定

.watsonrcができてるので、ignoreとかDirctoriesとか記述する。対象ファイルが多いと、watosonコマンド実行するときに時間かかる..

### 3. コードに以下記述

“`
// [todo] – TODO内容
// [review] – レビュー内容
// [fix] – fix内容
“`

な感じでコードに書いてく

### 4. 実行

“`
$ watson
“`

対象ファイルさらって 3 でタグつけたものが列挙される

“`
$ watson -u
“`

で、githubのissueにそれらがコード内容とともに登録される。
issueでは[watson]というラベルとともにコード上に書いた[todo]とか[review]もあわせてタグ付けされてた。

ほぼコードでやりとりするようなissue運用ならよさそ。