数直線


「いくらでもわけられる線」が「もう分けられない点」でできているという矛盾。